0

痛風の前兆について

Posted by 痛風の治療 on 2016年11月28日 in 未分類 |

痛風を予防するために、暴飲暴食を避けることも重要です。過度の飲食はプリン体の過剰摂取につながるからです。食品自体に注意するのはもちろん、腹八分目の食事をする習慣を身に付けるようにしましょう。ストレスを抱えている人は痛風になるリスクが高いと言われています。まったくストレスのない生活を送るのは難しいですが、休みの日には積極的にリフレッシュをします。自分なりのストレス発散方法を見つけるなど、できるだけストレスを溜めないように心掛けましょう。
初めての痛風発作は、何の前触れもなく、ある日突然起こるケースが多いようです。しかし一度経験すると、次に発作が起こるときに、その前兆として、関節がピリピリしたり、ムズムズしたり、どこかにぶつけたような鈍い痛みがしたりするなど、違和感を覚えるケースが多いといわれています。これを痛風の「前兆症状」といい、発作の経験がある人ほど、感じやすくなるようです。
痛風発作が起こる前(無症候性高尿酸血症期)に、高尿酸血症の適切な治療をしましょう。関節に炎症が起こっていない状態でしたら、この段階が痛風の初期とも考えられます。定期的な健康診断で、尿酸値が高いと分かったら、食生活を見直す、適度な運動をするなどして、尿酸値を適正値に保つようにしましょう(参考記事「痛風の予防はどうしたらいいの?」)。薬物治療もあるので、高尿酸血症と診断された場合は、医師とよく相談した上で治療方針を決めるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2016-2017 痛風クリニック|痛風の治療方法紹介! All rights reserved.