痛風と併発しやすい病気とは

痛風とは
痛風は尿酸が体の中にたまり、結晶を作ることにより色々な障害が起きる病気です。結晶により関節炎が起き、関節の周りや皮膚の下に結節が出来(痛風結節)、腎臓にたまった結晶により腎臓が悪くなり(慢性腎臓病)、尿路結石ができます。実際に痛風や高尿酸血症を放置していると、色々な合併症を誘発することができますから、注意してください。

痛風と併発しやすい病気とは
恐ろしいのは痛風という病気よりも、痛風になってから合併しやすい病気のほうなのです。これらの多くは生活習慣病で、なかには痛風の予後に重大な影響を及ぼすものもあります。痛風の背景には高尿酸血症があり、それと密接な関連を持つ合併症に腎障害と尿路結石があります。高尿酸血症におきましては、メタボリックシンドロームや高脂血症、また糖尿病などを合併する事例もあり、高脂血症から血栓が生成されてしまい、アテローム血栓症、脳卒中、大動脈血栓などといった最悪の場合生命に影響してしまうことになる重大な疾患と密接しているのです。

痛風の重篤な合併症
また、尿酸ぱ主に腎臓から排泄されるため、尿酸塩の結晶が腎臓に沈着すると、間質という部分に炎症が起こりやがて腎機能が低下してしまいます。このような状態を「痛風腎」と呼びます。重症化すると腎不全となり、人工透析が必要になる場合があります。痛風腎は、痛風の予後を左右する重篤な合併症です。

更に脳血管障害は、脳血管の動脈硬化が進むことで、脳梗塞や脳出血などが引き起こされる病気です。血管が詰まって脳梗塞になると、頭痛やめまい、手足のしびれやマヒなどがあるほか、意識がなくなったり、ときには死に至ることもあります。

Copyright © 2016-2017 痛風クリニック|痛風の治療方法紹介! All rights reserved.