痛風の症状と痛風の合併症の紹介

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。医学研究が進み、良い薬も開発されたため正しい治療を受ければ全く健康な生活が送れます。しかし、放置すると激しい関節の痛みを繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓が悪くなったりする重大な病気でもあります。

痛風が起きる前に血液の尿酸値が高い状態が長く続きます。これを高尿酸血症と言います。それを放置すると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは激烈で、耐えがたいほどの痛みです。発作的な症状なので痛風発作と呼びますが、これはたいていの場合、1週間から10日たつとしだいに治まって、しばらくすると全く症状がなくなります。痛風発作は、炎症を抑える薬を服用すると比較的早く治る事が多いです。ただし油断は禁物で、多くの場合1年以内にまた同じような発作がおこります。そして繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。このころになると、関節の痛みだけでなく、関節の周囲や身体のどこかに結節ができたり。腎臓が悪くなったり、尿路結石が出来たりする人が出てきます。最終的には重症の慢性痛風になる可能性も高いので放置するのは危険です。

また、血清尿酸値の高い人は心血管障害や脳血管障害の可能性が他の人より高い事がわかっています。これを防ぐためには尿酸値以外の動脈硬化のリスク因子にも注意する必要があります。

痛風にかかるのは20歳以降の男性が多いです。血清尿酸値は遺伝と環境の両方が関係するので、それらの知識を持ったうえで対処する必要があります。専門知識を持った医師に相談の上、患者さんに応じた治療が必要です。

痛風は怖い病気ですが、じつは痛風の本当の怖さは、合併症にあります。痛風によって、もっとも合併症が起こりやすいのは、尿酸の排泄を行っている腎臓です。腎臓に尿酸の結晶が沈着すると、腎機能が低下していきます。すると、尿酸を排泄する働きも低下するので、さらに尿酸の結晶が腎臓に沈着しやすくなるのです。その結果、人工透析を必要とする「腎不全」などの深刻な病状につながることがあります。また、腎臓にできた尿酸結晶が大きくなると「結石」になり、それが尿管に流れ出て途中で引っかかると、「尿路結石」になり、激しい痛みや血尿が起こることもあります。

痛風は、食べ過ぎや飲み過ぎなど、乱れた生活習慣によって起こる「生活習慣病」の1つです。痛風の人は、「糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」など、他の生活習慣病も併発しやすい傾向があります。

そのため、「動脈硬化」を招きやすく、これが脳の血管で起こると「脳血管障害(脳出血や脳梗塞)」に、心臓の血管に起こると「心血管障害(狭心症や心筋梗塞)」になり、命を落とすこともあります。これらの病気は、痛風でない人にも起こる病気ですが、痛風患者や、尿酸値が高い人ほど起きやすいといわれています。

Copyright © 2016-2017 痛風クリニック|痛風の治療方法紹介! All rights reserved.